指揮 和久井仁

オーボエを似鳥健彦氏に師事し、1989年東京芸術大学入学。同校ではオーボエを小島葉子、小畑善昭の両氏に、また室内楽をH・ピュイグ・ロジェ、中川良平、山本正治の各氏に師事。同大学を卒業後、東京佼成ウインドオーケストラに入団し首席奏者とアシスタントコンサートマスター務めた。
  2001年4月からは愛知県立芸術大学音楽学部の専任講師として勤務した後、2004年4月にNHK交響楽団へ入団し、オーボエ&イングリッシュホルン奏者を務めている。
  現在、愛知県立芸術大学、東京芸術大学、桐朋音楽大学オーケストラアカデミーの非常勤講師。トウキョウモーツァルトプレーヤーズのメンバーも兼任。
 
  指揮者としては、吹奏楽を中心に活躍。
  愛知県立芸術大学ウィンドオーケストラを2000年〜2003年まで指揮者として務め、 その間には四芸祭ウィンドオーケストラ(東京、京都、愛知の各芸術大学から構成された学生メンバー)の指揮も振り、好評を博した。
 管弦楽では東京女子医科大学室内管弦楽団、東京工業大学のOBオーケストラ等を客演。
   
   近年では、2010年からNHK交響楽団からの派遣で横浜みなとみらいホールに招かれ、全日本吹奏楽コンクールの課題曲クリニック講師として指揮、指導も毎年行っている。
 
  また、全日本医科学生オーケストラは1994年より毎年木管トレーナーを務めている。
  その他、西日本医科学生オーケストラ、東京女子医科大学、明治大学、東京大学等の木管トレーナーも兼務。

ヴァイオリン 藤村政芳

5歳よりヴァイオリンを始める。土方恭之氏に師事。第四回STV青少年音楽コンクールで最優秀賞を受賞。1985年、東京藝術大学音楽学部に入学。浦川宜也、ベラ・カトーナ両氏に師事。1989年、同大学卒業と同時に新日本フィルハーモニー交響楽団にフォアシュピーラーとして入団。在団中、「KISA Quartet」を結成し、ロンドンにてアマデウスカルテットに師事。優秀なカルテットとして推薦状を受理する。第二回大阪国際室内楽コンクール入賞。1996年新日本フィルを退団。室内楽を中心に、各オーケストラの客演コンサートマスターや首席を勤める。現在は、東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者として、また、さまざまな室内楽やソロ、アマチュアオーケストラの指導、指揮、著名なミュージシャンとのレコーディングやライブ、テレビ出演など、幅広く活躍中。